子どものために離婚しないはタテマエでしょ

「離婚」にしても、人それぞれで考え方が違うので、「明らかに不幸な条件の結婚生活でも、離婚しない人はしないんだなー」と思います。うちの妹の話なのですが、子どもが二人いるせいか、「父親はいた方がいい」、仕事も岡山県での文字掘りは有名で稼ぎがいい故にDV旦那なのに、ぐだぐだ言って離婚しようとはしないのですよね。

けれども離婚したいとは思っているそうで、離婚の方法を調べたりして、時期を待っている状態です。しかもそれもくだらない「見栄」のためなのですよね。「幼稚園のなかで、シングルだと舐められる」ということだそうで。なんでも、幼稚園や小学校ぐらいだとまだ父親が必要だということで。

それはまあわかりますよ。子どもの成長のために父親母親ともにいた方がいいでしょう。子どもに害をなす父親でしたらいない方がいいでしょうけれど、しかしそうではないのならば健全な家庭が築ける両親ならば、そりゃあ二人そろっていた方がいいに決まっています。

しかし妹はそちらの気持ちよりも「スペック的に」といった感じなのですよね。だから高校生ぐらいになったら離婚しようと準備しているとうことで。大していい職業でもない旦那なのに、経済的にも肉体的にも我慢して結婚生活を続けているなんて、子どものためにもよくないでしょう。というか話をよくよく聞いていますと、子どものために離婚しないのではなくて、自分の見栄のために離婚しないのですから、「なんだかなー」と思ってしまいますよ。

コメントは受け付けていません。