離婚とお金は切っても切れないものだから

離婚の原因は「お金」ですね。愛のない結婚生活であっても、生活費がちゃんと確保されていれば、なんとか結婚生活を続けることもできるとは思うのですよ。しかし生活費すらちゃんと確保できない、お金に不自由するような状態ですと、それはもう「離婚」の方向になるのですよね。「お金の切れ目が縁の切れ目」というように。

私の友達の場合、散々「離婚したい」とはいうものの、しかし同時に「自分の収入に不安」ということを訴えていましたから。けれど、今の生活においてお金が足りないことが深刻で、だからこそ結婚生活を続けていくことに不安があるというものでした。

しかし友達の仕事が決まり、離婚準備に必要な貯金が100万円貯まった時点で、「私、離婚する!」となりましたから。お金があれば人間気持ちが上を向いてくるようで、友達にしても「離婚」の覚悟ができたようです。結婚生活において、とくに相手のお金のことで満足に生活できない状態ならば、それなら離婚して自分一人で頑張っていこうとふん切りがついたようで。

コメントは受け付けていません。